タッチタイピング

パソコンを始めると、

「タッチタイピング」や、「ブラインドタッチ」という言葉を

よく耳にされると思います。

「タッチタイピングや、「ブラインドタッチ」というのは、

キーボードを見ないで文字を打つことです。

 

キーボードを見ないで、カチャカチャと、すごいスピードで文字を入力!

「すごいな~」とか、「カッコいいな~」とか、思ったことありませんか?

 

 

「でも、私には無理!!」

 

いいえ、大丈夫!

今回は、「タッチタイピング」のメリットや、練習方法をご紹介します。

 

まずは、「タッチタイピング」メリットです。

・ 作業スピードが向上する(時間短縮、効率化アップ)。

・ 視点の移動が減るので、目が疲れにくくなる。

・ 画面を見ているので、入力ミスに気付くのが早くなる。

・ ストレスが減る。

・ 見た目にかこいい。etc

 

タイピングは、長くパソコンを使用していると、

自然と身についてきますが、

今では、タイピングが練習できるソフト(タイピングソソフト)もたくさんありますので、

ゲーム感覚で楽しみながら練習ができますよ。( *´艸`)

 

上達のコツとしては、

・ キーボードは絶対見ない

・ ホームポジションに指を置く

・ 正しい姿勢でタイピングする

・ 入力はローマ字入力で行う

少ない時間でも毎日練習する

 

「ホームポジション」とは、

タイピングを始める時に置き、キーを打ち終えたら戻ってくる位置です。

常に同じ位置に戻ってくることによって、

「今、指がどこにあるのか」を、直接キーボードを見なくても判断できるようになり、

タイピングミスが減ります

 

「ホームポジション」の指の位置ですが、

「F」キー と、「J」キー基準となります。

「F」キー には、左人差し指

「J」キー には、右人差し指を置きます。

「F」キー と、「J」キー には、突起物がありますので、

キーボードを見ずにこの突起物を指先で探すことから始まります。

そして、卵を持つような感じで、左右それぞれの指を置きます。

 

また、上達のコツのひとつとして、「正しい指で打つ」

下の画像の色分けが、

それぞれの指の担当キーです。

ただ、私個人の考えとしましては、

その方の指の使いやすさもあると思いますので、

担当キーには、あまり拘らなくていいと思っています。

もちろん、守れるに越したことはありませんが!

 

 

最初は、思うように指が動かないこともありますが、

是非、挑戦してみてくださいね~。(#^.^#)

 

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。